沖縄バス乗り日記

730バスに乗ってみた!

沖縄には730バスというバスがあります。


先週目撃した730バスに、さっそく乗ってみました。
沖縄は米軍施政下では車は右側通行だったのですが、1972年の本土復帰後左側通行に変える必要が出てきたわけです。で、1978年の7月30日に一斉に変更が実施されました。一夜にして交通ルールが変わるのですから、とても大変だったことと思われます。
特に路線バスについては乗降口が正反対になるので、1000台もあった路線バスが新車の右ハンドル車に替えられました。多数の新車のバスをメーカーが用意するのも大変なので、琉球バスは日産ディーゼル、沖縄バスは三菱ふそう、那覇交通はいすゞ、東陽バスは日野、と、それぞれメーカーが割り当てられ導入されたそうです。
で、その時導入されたバスを730バスというのですね。730バスは頑丈で10年前ぐらいまでは現役で運用されていたようなのですが、さすがに35年も経つ今では現存して運用されているのは2台のみとのこと。
1台が沖縄バスの三菱ふそうで、毎週日曜日に39番百名線で、運行されています
もう1台が東陽バスの日野で、こちらも毎週日曜日191番城間線で運行されています。
どちらも老体ゆえ、運行休止になることもあるらしい。今後運用されなくなる可能性もあるとおもって、今のうちに乗っておこうと思って、わざわざ乗りにいってきたのです。

沖縄バス 三菱ふそうMP117K


まずは沖縄バスの730車。国場バス停から乗車しました。他のバスにくらべると方向幕が小さい。もちろん「沖縄」ナンバーじゃなく、「沖」ナンバー。ライト類の意匠とか、FUSOのエンブレムが70年代っぽい雰囲気を感じます。
 
 

いちばん後ろの席に座ってみました。窓の形がレトロっぽくみえる気がする。
 
 

車内はきれいに整備されています。ベージュの天井のせいか室内が程よい明るさに感じます。
乗り心地はぜんぜん悪くなかったです。エンジン音もうるさくないし、振動が多いってわけもなく、椅子がヘタってたりということもない。意識しなければふつうのバス。でも、細かい部分が年代を感じる意匠なせいか、なんとなくノスタルジックな気分なんだな。
 
 

与那覇バス停で下車。沖縄バス1064号車を見送ります。
 
 
 

東陽バス 日野RE101


反対車線の与那覇バス停で待つこと10分少々。東陽バスの730車がやって来ました。 
 
 

真ん中あたりの座席に座ってみました。赤いシートはたぶん貼替え直ししているハズで、まるで新品のよう。
 
 

このシート背もたれ部分が高く前が見にくい。
こちらも特に意識しなければふつうのバスといった感想。エンジン音はうるさくないし、乗り心地も悪くないどころか良いくらい。クーラーも冷え冷えです。
でもパワーが少ないみたい。ゆっくり坂を登る姿が時代を感じさせてくれました。

首里駅まえで下車。さようならー。500円ちょっとで歴史を感じるいい経験させてもらいました。

-沖縄バス乗り日記