沖縄バス乗り日記

国頭村営バスに乗ってみた

国頭村辺土名より北部には路線バスが通っておらず(以前は通っていたが廃止)、この国頭村営バスが補完している形になります。


路線バスではないので、わったーバス党チャレンジモニターの対象外。なので自腹で乗りました。2回。
国頭村営バスは安波・安田・楚洲などを回る「東線」と、辺戸と奥を回る「奥線」の2つの路線があります。が、どちらも一日3往復程度。しかも基本的に朝に上り、午後以降に下り運行という、地元の人のためのタイムスケジュールなので観光として使うのは不向き。
辺土名バスターミナルとは別の場所、国頭村役場の側に発着所があります。67番路線バスの「辺土名」バス停前です。

大きな地図で見る
沖縄バス乗り日記⑪ 国頭村営バス 沖縄バス乗り日記⑪ 国頭村営バス 待合所はなかなか立派です。
沖縄バス乗り日記⑪ 国頭村営バス バスはいわゆるマイクロバス。シートにビニールカバーがされております。
沖縄バス乗り日記⑪ 国頭村営バス 東線は、上り下りが急なので大変そうです。見た目きれいなバスですが、振動音は大きい。
沖縄バス乗り日記⑪ 国頭村営バス 安田(あだ)を通り過ぎ、グーグルマップにのってない伊部という集落を通る。ここのビーチがとてもきれいだった。
沖縄バス乗り日記⑪ 国頭村営バス 辺土名から楚洲まで45分、600円。2回とも私一人しか乗客いませんでした。
村営バス時刻表・運賃表 (PDF)

-沖縄バス乗り日記